歯科医院の状態と歯科衛生士の状態

歯科衛生士と連携がとれている

歯科医院に行くと、受付の方がいて、歯科助手や歯科衛生士の方もいますね。
スタッフが長く勤めていて、親身な対応をしてくれると安心できます。
逆にスタッフがころころ変わると先生に何か問題があるのか?と不安がよぎってしまいます。

歯科衛生士の方は国家資格をもつ専門職で、虫歯や歯周病予防の指導や歯科医のアシスタント業務を行います。
なかでも、歯科衛生士が歯科治療前に行う口腔内のクリーニングは大事です。
クリーニングがずさんだと、その後の型取りに汚れが付着したり、詰め物と汚れが一緒になってしまったりと、治療結果に悪影響を及ぼすからです。
歯科医師と歯科衛生士が連携をとり、きちんと対応してくれるといい状態がのぞめるといえましょう。

医院を綺麗にしている

歯科医院内が乱雑になっていたり、よごれが目立つようなところだったら気になってしまいますね。
見た目のイメージが悪いとか、ちゃんとしてないのではないだろうかという心配もありますが、そこは医院です。
普通の場所と違います。
患者目線でいえば、清潔かどうかは感染症のリスクを理解しているのかどうかの判断材料になってしまいます。

実際、歯を削るタービンという器具の滅菌がされていないのではないかという問題も報告されたことがあり、器具の清潔さには敏感になっていてほしいのです。
治療器具の滅菌に気を配り、医院の備品や建物を綺麗にしておく。
普通の場所でもイメージのよいポイントではありますが、歯科医院においても同じことですね。


この記事をシェアする